毎週火・木・土の週3ペースでへそフェチ情報更新中

【女性向け】へそフェチ女子がネットで稼ぐための方法3選

  • 2月 8, 2022
  • SNS

へそフェチ女子をサポートしてへそフェチコンテンツを増やしたい。

そんな管理人がへそフェチ女子が”個人””ヘソだけ”を使ってお小遣いを稼げる方法をまとめています。

へそフェチというジャンルだけで稼ぐことは可能?

へそフェチに限らず、一つのフェチで稼ぐことは十分に可能です。

むしろ最初はマイナーな方が結果は出やすいものですし、マイナーなフェチほど他と差別化するための武器にも出来ます。

特に最近はSNSの普及や個人向けプラットフォームの充実で敷居も低くなっています。

お勧めプラットフォーム

フェチ系女子が稼ぎやすいジャンルは大きく分けて以下の3つ。

  • パトロンサービス
  • チャットレディ
  • 出会い系

各サービスについて簡単に説明していきます。

パトロンサービスで動画などのコンテンツ販売

パトロンサービスとは?

パトロンサービスはクリエイター支援系のWEBサービスのことで、日本だと「Fantia」や「pixiv FANBOX」、海外だと「OnlyFans」などがメジャーどころ。

Twitterなどでよく流れてるくるのもこの辺りが多いですね。

パトロンサービスのメリットは手数料が低いことと、販売するコンテンツの内容や料金など全て自分で決められること。

アダルト系の動画をECサイトに登録して販売すると手数料30%以上は取られますが、パトロンサービスの場合は10~20%程度で利用することが出来ます。

人気パトロンサービス一覧

サービス名手数料
Fantia(とらのあな)10%
pixiv FANBOX10%
ci-en(DLsite)10%
OnlyFans20%

pixivとci-enは運営元が二次元に強いということもあり、コンテンツも同人やイラスト系が多め。

自撮りでの画像や動画を販売するのであればFantiaが王道。

海外ユーザーにも目を向けるならOnlyFans。

正直フェチ系ジャンルは海外ユーザーを狙った方が効率は良いですが、OnlyFansで収益を受け取る際はPayPalやPaxumなどの設定が必要。

この設定が結構面倒なので、特にこだわりがなければ国内サービスから入るのが無難です。

パトロンサービスのメリットデメリットまとめ

メリット

  • コンテンツを自由に作れる。
  • 自分で料金設定が可能。
  • 利益率が高い。

デメリット

  • マニュアルがなく全てが自分次第。

パトロンサービスを利用する上での大きなメリットは自由度が高くやれることの幅が広いということ。

パトロンサービスは提供出来るコンテンツの幅が広く、自由度がかなり高めです。

自分のやりたいことはもちろん、フォロワーの細かなリクエストにも応えやすくなっています。

また、販売するコンテンツの料金は自分で設定することが出来るので、追求していけばいくほど青天井で収益を膨らますことが可能です。

逆にデメリットはと言うと、全て自分でやらなければ(決めなければ)いけないということ。

提供出来るコンテンツの幅が広いと言っても、広すぎて何を作っていいか分からない。

料金が設定出来ると言っても、高すぎれば売れないし、低すぎれば利益は出ないしモチベも上がらない。

自由すぎるが故に、それでやりやすい人もいればやりにくい人もいるということですね。

ライブチャットで配信(チャットレディ)

ライブチャットとは?

ライブチャットはPCやスマートフォンで男性とお話しするサービスです。

サービス内容的には17LIVEなどの配信アプリと似ていますが、課金方法やアダルトOKかどうかなどの違いがあります。

基本的にライブチャットの方が内容は過激なことが多いですが、とは言えライブチャットはアダルト必須というわけではありません。

まずライブチャット自体にアダルトとノンアダルトの線引きがありますし、へそフェチというジャンルの性質上、ノンアダルトで集客することも十分に可能です。

稼げる金額の目安

ライブチャットではアダルトとノンアダルトで稼げる金額が変わってきます。

  • ノンアダルト:時給1,500円~3,000円程度
  • アダルト:時給2,000円~8,000円程度

上記は一人の男性を相手にしている際の時給の目安です。

ライブチャットにはパーティチャットという機能もあり、複数の男性を相手にすることも可能。

人気の女性は一度に50人以上の男性を一度に相手することもあり、その場合は時給10万円以上にも膨れ上がることもあります。

大手ライブチャットサービス一覧


FANZA

ジュエルライブ

マダムライブ

上記サービスは数あるサービスの中でも特に人気が高く、アダルトOKで利用者数が多いライブチャットです。

特にFANZAライブチャットは知名度も高く使いやすさも抜群。

アダルトだけでなくノンアダルトバーチャルなど幅広いジャンルで活動することが可能になっています。

⇒FANZAライブチャットについて

また、ノンアダルトで挑戦するならライブでゴーゴーもお勧め。

ライブでゴーゴーはアダルト禁止ノンアダルト専門ライブチャットになっています。

アダルトOKなところでのノンアダルトとは男性ユーザーの質も変わってくるので、絶対にアダルトがNGという場合はこちらの方がお勧めです。

⇒ライブでゴーゴーについて

事務所に所属して活動することも可能

ライブチャットは完全に個人として活動することも出来ますが、YouTuberなどのように事務所に所属して活動することも可能です。

ライブチャットは個人でやる分にも運営がある程度サポートしてくれますが、事務所に所属することでさらに手厚いサポートを受けることが出来ます。

事務所に所属しながら在宅で活動することももちろん可能ですし、店舗のある地域であれば設備の整った場所をそのまま利用することも可能。

設備やサポートもそうですが、チャットレディの先輩や仲間と一緒に働けるというのも事務所に所属する大きなメリットです。

⇒チャットレディ事務所の求人ページへ

チャットレディのメリットデメリットまとめ

メリット

  • マニュアルが用意されている
  • サポートが充実している
  • 仲間と一緒に働ける(※事務所に所属した場合)

デメリット

  • 視聴者とのやりとりが多い。

チャットレディの大きなメリットはとにかくサポートが手厚いというところ。

パトロンサービスは各々が個人でやっているので全て自分頼りですが、チャットレディに関しては運営や事務所がマニュアルやサポートを用意してくれています。

やるべきこともある程度決まっているので、自分でそこまで細かく考える必要はありません。

逆にデメリットはというと、自分でコンテンツ販売するのに比べて視聴者との直接のやり取りが多いということ。

配信という形式上どうしても視聴者とのやり取りは必要になってきます。

ただ、ライブチャットは無料配信アプリやSNSなどに比べてユーザーの質は高いので、基本的に誹謗中傷などはあまりありません。

パーティチャットや1:1など配信の形式も選べるので、自分に合ったやり方でコンタクトを取っていくことも可能になっています。

出会い系でポイントを稼いでキャッシュバック

出会い系のキャッシュバック制度について

出会い系では女性はキャッシュバック制度を利用して稼ぐことが可能です。

各出会い系サービスでポイントの稼ぎ方は違うこともありますが、基本的にはメールのやり取りやプロフ・日記の閲覧をされることでポイントが貯まっていきます。

利用者数の多い出会い系サービス一覧


ハッピーメール

ワクワクメール

Jメール

PCMAX

YYC

イククル

簡単なやり方としては、日記でへそフェチが食いつきそうな画像を載せておいて、メールでも出来るだけ長くやり取りするなど。

ただ、キャッシュバック制度はライブチャットなどに比べると労力の割に大きく稼ぐことは難しいので、これだけに絞るというのはあまりお勧めではありません。

キャッシュバック制度もメールのやり取りで稼ぐことが基本なので、それであれば報酬の大きいライブチャットの方がお勧めです。

出会い系のメリットデメリットまとめ

メリット

  • 放置していてもある程度稼げる

デメリット

  • 大きく稼ぐのが難しい

出会い系キャッシュバックのメリットとしては、日記や画像を使えばある程度放置していても収益化が可能だというところ。

報酬額はそこまで大きくはなりませんが、それでも複数のサービスを使えば完全放置でそれなりにポイントを稼ぐことは可能です。

デメリットは上でも述べたように大きく稼ぐことが難しいという点。

パパ活などその他の収入に繋げることが出来れば別ですが、キャッシュバックだけで言えば正直ライブチャットの下位互換です。

あまりお勧めしないプラットフォーム

逆にあまりお勧めではないサービスもまとめてみました。

  • YouTubeなどの広告収益系
  • インスタライブやツイキャスなどの投げ銭系
  • その他ライブ配信アプリ

フェチ系女子が稼ぐために利用する場合、上記サービスはあまりお勧めではありません。

まずYouTubeなどの広告収益系について。

これは単純に広告が付くかどうかという問題もありますし、何よりフェチ系ビジネスは少ないアクセスで濃いユーザーを集めるのが基本です。

広告が付いたとしても後々剥がされる可能性も高いですし、YouTubeなどのアクセス数によって報酬額が上がる形態はフェチ系と相性は良くありません。

ライブ配信の投げ銭であれば広告審査関係なく収益を上げることも可能ですが、こちらも通報されるとアカウント停止の可能性がかなり高く、それであれば最初からアダルト専門の配信サービスを利用した方が良いでしょう。

特にこれらのサービスは基本無料で利用出来るので、ユーザーの質という点でもあまりお勧めではありません。

ネットで稼ぐ上での最重要事項

どのサービスを使うにしても、とにかく一番大事なのはメンタルが病まないことです。

個人でやる場合は特にメンタルがやられやすいので、どのサービスをどういう風に使っていくかは事前にじっくり考るべきでしょう。

特にSNSに集客を依存しているサービスは注意が必要。

ここで紹介しているサービスだと特にSNS依存度が高いのはパトロンサービスです。

実際はどのサービスもSNSと紐付けることによって収益を加速させることが出来ますが、パトロンサービスに関してはSNSの集客がほぼメイン。

利益率が高い分、他のサービスのようにいくつもの企業が関わっている訳ではなく、クリエイターが負担している部分もかなり大きくなっています。

まとめ

どんなサービスにも良い点と悪い点があるので、最初はとにかくやりやすそうなものから始めてみるのがお勧めです。

個別でのサポートが必要な場合はお問い合わせフォーム、またはTwitterのDMでご連絡ください。

⇒お問い合わせフォーム

⇒Twitter

毎週火/木/土にへそフェチ情報を配信